のぼり旗のデザインで演出できること

季節感を演出できるのぼりのデザイン

のぼり旗で表現できること

のぼりのデザインで季節感を演出するには何が効果的か?
日本は季節ごとの行事が多彩ですから、それに倣ったイラストで彩るのも効果的でしょう。


更に、季節を連想させる配色を利用すれば、より効果的に
表現できるのではないでしょうか。

季節感


色彩には暖色系・寒色系といった区分があるので、暖色でまとめれば
色から温かみを感じますし、寒色でまとめるとその逆になります。


その効果を利用してのぼりを作れば、多彩な季節を表現することが可能になります。


色で表す

では、どういった組み合わせで季節感を演出できるでしょうか?
春であれば、桜をはじめとする花や若草など暖色系を中心としたパステルカラーですとか、
夏であれば、海水浴を連想させるブルーを中心とした寒色系や、スイカなどの
特徴的な色合いでも表現できるでしょう。


また秋であれば、紅葉をイメージした茶などの暖色系や、冬であれば、
雪景色をイメージした淡い寒色系や屋内の温かさを表す暖色系など、
のぼりのテーマによって使い分けて季節感を出すことが出来るでしょう。


上記はあくまで一例ですが、様々な組み合わせで四季を表現できるかと思います。


注意したいのは、背景と文字の配色です。
例えば一例に挙げた春の色彩ですが、背景も文字もパステルカラーにしてしまっては
全体がぼやけてしまいます。


のぼりのデザインに寄りますが、より割合が大きい方に季節を感じる配色に
する方が効果的でしょう。


イラストも絡めば、季節の特徴が多彩な日本であればそのデザインは
無限大ともいえるかもしれません。


 

Copyright(c) ポイントを抑えたいのぼり旗のデザイン All Rights Reserved.